医学部に進学を希望している公立高校の生徒様、保護者様へ

大阪医科薬科大学、医学部3学年は340人余りいますが、その中で公立高校卒業者は0人でした。
この点について医学部を目指して大学受験予備校や塾に入学する生徒たちは、どうとらえればよいでしょうか?

公立高校卒業者の医学部への進学が困難な原因は事実を教えない事にあります。
すなわち公立高校から医学部へ進学する者はほぼいないというのが現状で、言い換えれば、公立高校卒業者は、常識的な勉強では医学部に合格しないことを意味します。
先ずは医学部に合格者を多数輩出している有名私立高校の常識を学ぶことからスタートすべきです。
有名私立高校でも、医学部に合格するのはほんのひと握りですが、そのような生徒の常識を学ばなければなりません。
彼らの多くは毎日効率よく10時間以上勉強して医学部受験に臨みます。

講師会(大学受験予備校、塾)では、多くの生徒が公立高校から医学部に進学していて、さらに私立文系から医学部に進学した生徒も5人います。
講師会(大学受験予備校、塾)は一流の講師が、個別指導(個人指導)を行い、解るところから始めてコツコツ積み上げて、学力を伸ばしていきますので、このようなことが可能になります。
決して楽な道ではありませんが、自分を変えたいと強く思う生徒様は、是非講師会の門を叩いてください。
お電話お待ちしています。

講師会で勉強したある生徒が大阪医大に主席合格するまで

講師会で勉強したある生徒についてのお話です。
その生徒は清風中学を志望していましたが、入試前の12月時点で合格点の60%しか取れず、入試まであと30日しかないところから小学校には行かずに講師会で勉強しました。
努力の甲斐あって、なんとか清風学園に中学校から入学した彼は、一番下のクラスからスタートしたものの、中学2年生で理数科に上がり、高校1年生で理Ⅲクラスに上がりました。
中学生のころは、1年間で100日余りしまともに登校しておらず、勉強は大阪にある講師会(大学受験予備校、塾)で行いました。

高校1年生の1学期に、河合塾で行われた高校3年の5月の模擬試験を受けたところ、英語の得点は156点偏差値は65でした。
この時点で琉球大学理系学部はA判定になっていましたが、更に講師会で、個別指導(個人指導)を受講して高校2年生の春には、駿台の高3模擬試験で、大阪大学工学部もA判定になりました。

その後の受験で関西医大に現役合格したものの、志望していた大阪市立大学医学部に関しては得点率で3%足りず不合格だったため浪人になり、更に勉強した結果、偏差値に関してはどんなに模擬試験で失敗しても東大理1は常にA判定をとれるようになりました。

模擬試験では、75%の確率で合格でしたが入学試験は運も絡むもので、その後もう一度受験した大阪市立大学医学部は不合格でした。
しかし大阪医大を首席で合格して進学することになりました。

有名大学、医学部受験を目指すなら、大阪にある講師会(大学受験予備校、塾)にお電話で連絡をして無料体験授業を受けてみてください。
そして、目標を達成して進学したい大学に入学してください。

2次試験に臨む受験生の皆様へ

大学受験生の皆様におかれましては、現在2次試験の出願は終わって、いよいよ本番に向けて受験対策を本格化させていると思います。
入試問題の難易度は各大学で異なっています。
旧帝大は、一般的に問題が難しく作られていて、医学部の単科大学も難しく癖のある問題がよく出題されています。

当塾はこの問題にに対して、個別指導(個人指導)で取り組んでいます。
このため模擬試験の判定よりも、2月からの指導で1段階上の合格率を誇っています。
例えば合格の可能性について、2次試験の判定C→Bになっています。
これは、赤本や青本の回答より早く、きれいに答案を書く方法を採用し、また個別指導(個人指導)で大学ごとの戦略を練っているからです。
大学によって科目間の難易度が異なることがしばしばありますが、個々の受験生に合わせて最善の得点パターンになるように指導しているので、このようなことが可能になっています。
受験生の皆さん、最後のラストスパートを大阪にある講師会(大学受験予備校、塾)でかけて、2次試験の突破を目指しましょう。

国立・私立の医学部を受験する受験生へ

大阪にある講師会(大学受験予備校、塾)には、国立理系志望の受験生は勿論、私立理系志望の受験生、私立文系志望の受験生、また私立文系卒業の社会人の医学部志望者も多数在籍しています。
なぜ、大阪にある講師会(大学受験予備校、塾)だけがそのような常識はずれなことが可能なのか聞かれることが多いのですが、それに対する答えはシンプルで、他の大学受験予備校、塾では行っていない指導が沢山行われているからです。

当塾では、授業の受け方やノートの取り方、復習の仕方等に関して独自の指導方法があります。
他の予備校ではノートの取り方などは重要視していないことが多いのですが、上手にノートをとることだけでも偏差値は5程度はアップします。
また、当塾は講師にも特徴があります。
プロから見ると講師の給料は、実力に応じて正確に査定されているのですが、他の予備校だと時給1万円以上もらっているような講師が当塾では時給3000円で働いて頂いています。
これが優良な指導を、教育業界では考えられない低価格で提供できる要因です。

受験生の皆さん、きっと世界が変わると思いますので、一度大阪にある講師会(大学受験予備校、塾)でその講師の素晴らしさを無料体験授業で感じてみてはいかがでしょうか?
まずはお気軽にお電話ください。

講師会の大学入学共通テスト対策

大阪にある講師会(大学受験予備校、塾)では、12月から大学入学共通テストの準備をしています。
あちこちの予備校、塾、高校などで、時には本番と同じ時間帯で練習していて、受験生も頑張っています。
そこで、アドバイスをさせてもらいます。
共通テストは、他にない質問の仕方、選択肢が見られることがあります。
その点を指導している予備校等は、ほとんどありません。

しかし当塾では、この問題に取り組んでいます。
目安は失点を2割程度減らすことにあります。
80点取れる受験生なら20点の失点なので4点、50点の得点の受験生は失点50点なので10点程度学力に関係なく得点力が上がります。
これは問題にもよるのであくまでも目安です。
また駿台模試で偏差値55以上であれば共通テストの練習をしたことのない受験生でも30日程で75~90%の得点率になる受験生がほとんどです。
実力がある程度あれば、選択肢の選び方、切り方、問題の読み方等共通テストの特徴を生かした解法を学ぶことで実現します。

一度、当塾で無料体験授業を受けてみてください。
そうすれば大阪にある講師会の個別指導、個人指導、超少人数制の授業で学力の伸びを実感できます。
最後に受験生の皆様、ご健闘を祈ります。